なんやかや

日々の出来事や趣味の事をチマチマと綴っています

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MPV(LW3W) メーター照明球の交換

登録後14年経過した我が家のマツダMPVですが、2~3年前だったかな~調子に乗ってメーターの照明球はLEDに交換したのですが、ここ1ヶ月程の間にひとつ、またひとつと点灯しなくなって行きました・・・
最終的にメーター左端にある水温計部分の照明以外は全滅昼間に乗る分には全く困ることは無いのですが、日が暮れてから乗ると水温以外は全く見えません
( どんな車だよ! image36.gif )

さすがに水温計以外が真っ暗なのは悲しいので、今度は中華製LED球はやめて信頼の小糸製作所のウェッジ球に交換しました。

20170430led.jpg
こちらがお亡くなりになった中華製LED球、メーター照明用は合計7つあります。
水温計部分も遅かれ早かれお亡くなりになりそうなので全部交換しました。image21.gif
現在、MPVの総走行距離は、6万6千キロメートル まだまだ乗り続けますよ~
本当は買い替えたい気持ちがないわけではないけど、まだ動くし・・・、買い替えるのも可哀想だし・・・image90.gif








  
  

スポンサーサイト

ゴールデンウィークが近づいてきましたね…

FC2のブログサービスは、ひと月更新がないと、広告が表示される仕様になってます。
ここ1~2年は、ひと月~ふた月に1回のブログ更新ペースなので、広告が表示される事もしばしば…。

そろそろブログ書くこと自体が、時代おくれになってきたのか…、などと思う今日この頃。

ハーレー XL1200X フォーティーエイト オイル類交換

2月に車検を通してから、早いもので1ヶ月以上が経ってしまいました。
3月に入って日差しも少しは暖かくなってきたので、後回しになっていた整備を行いました。

今回はエンジンオイル、オイルフィルター、ミッションオイル、Oリング、前後ブレーキフルード等の油脂類を交換です。
これまでは新車保証の関係もあるので、ハーレーダビッドソン正規ディーラーで整備をお願いしていたのですが、それなりの費用がかかりますので、新車保証が切れるのを機に出来る部分は自分で行う事にしました。image52.gif

ハーレーには今まで使用してきたミリ工具が使えないので、今回の作業に必要なインチ工具を近くのアストロプロダクツで調達です。image21.gif
(XL1200X フォーティーエイト(スポーツスター系)のエンジンオイルのみを交換するのであれば、マイナスドライバーと廃油受けがあればオイル交換可能です。)

先ずはオイルフィルターレンチ(これはハーレー専用の物を買った方が良いです。汎用のでは回せない可能性があります。)
次にミッションオイルを交換するためのドレンボルト用5/8ヘックスソケット、ダービーカバー取り外し用T27トルクスビットソケット、私のフォーティーエイトはミッドコントロールに変更しているので、ダービーカバーを取り外すのに左側フットペグも外す必要があるので 5/16ヘックスビットソケット、最後にブレーキフルード交換用の5/16コンビネーションレンチを揃えました。









ミッションオイルを交換するには、これら工具以外にも車体を真っ直ぐに立てておける、バイクスタンドを使用した方が、作業性はよいです。(スタンドをかけた状態で、ダービーカバーを取り外すと、多少ですがミッションオイルが垂れてくるそうです。)




ハーレー純正オイルは高価なので、REVTECH(レブテック)というメーカーのオイルとガスケットなどの純正部品を2りんかんで購入しました。
image24.gif2りんかんには、ハーレーの車種別の推奨オイルやガスケット・オイルフィルター等のパーツ番号などの資料ファイルが置いてありました。レブテックの販売元さんが作ったものかな?image25.gif

REVTECH ピュアオイル20W50:1,077円(1本税込みの価格です。) × 3本
REVTECH トランスミッションオイル:1,056円 × 1本
oikset.jpg








ハーレーオイルフィルター BLK ロング HD63805-80A : 1,900円
oilfilter.jpg

クラッチカバーガスケット HD25463-94A : 520円
O-リング HD11105 : 320円
パッキン

ミッションオイルドレンボルト塗布用(スポーツスターの取説に推奨品として書いてあります。)
ロックタイトスレットシーラント565 : 1,582円(これはAmazonで購入)
lock565.jpg









HD DOT4 ブレーキフルード HD99953-99A : 2,550円
hddot4.jpg









必要な物が揃ったところで、作業開始です。
取扱い説明書によると、オイル交換はサイドスタンドを
かけた状態のままで行うそうです

シートを外し車体左側サイドカバーを外して、ドレンホースから古いオイルを排出します。
オイルドレンパイプ
このホースですね。2014年式?あたりから、この写真の様に上向きにして、
フレームにクリップ止めされているようです。
  
手でクリップを外してホースを下向きにして、キャップを外します。
エンジンオイル排出中
ダラダラとオイルが出て来ましたよ。image26.gif
暖機が足りなかったのか、全部抜けきるのに結構時間がかかりました。
(10分以上この状態で放っておきまいした・・・。)
ほぼ抜けきったところで、オイルフィルターを交換します。
古いオイルフィルターを外すと、結構オイルが垂れてきますので、
専用のオイルキャッチャー・ドレインオイル・ファンネルを使用するか、
ペットボトルや牛乳パックを切ったものでオイルを受けます。
ちなみに私はペットボトルを切ってオイル受けを作りました。
ここからは写真が極端に少なくなります。
なぜなら、オイルで手がベタベタになってしまったからです・・・image16.gif
ドレンホースを元通りに仕舞い、新しいオイルフィルターに120ml程度のオイルを
染みこませてから、手で元通り取り付ければ、あとはオイルタンクに新しいオイルを
注いで行きます。
オイルじょうろ
写真の様に漏斗をつかってもいいですし、上手に注げばオイル缶から直接でも大丈夫だと思います。
説明書には、1.9リットル(2.0qt)をオイルタンクに注入して下さいとあります。
新しいオイルを注入後、エンジンを始動して温間時点検を実施。
ディップスディックのオイル位置を点検しながら、適宜オイル量を調整すれば、
エンジンオイル交換は完了です。

引き続いて、ミッションオイルの交換を行いました。
ミッションオイルは、車体を真っ直ぐに立てていないと、オイルが垂れてくる事が
あるようなので、X-4の頃から使用しているバイクスタンドの登場です。
バイクスタンド
私のXL1200Xはミッドコントロールに変更してあるので、左側フットペグがダービーカバーを
留めているトルクスネジが一箇所だけですが干渉してしまいます。
(ムリをすれば取り外せない事もないのですが、トルクスネジの頭をなめてしまいそうなので・・・)

左側フットペグは、
2017_03_03.jpg
この2本のボルト2本でとまっているだけなのですが、どんだけ~image08.gifって言いたくなるくらい固く締まってました。
左側フットペグを外してしまえばダービーカバーを取るのは簡単です。
ギアオイル交換1
車体下のドレンボルトを外して、古いミッションオイルを排出します。
ギアオイル排出中
エンジンオイルとは違った色のオイルですね。image07.gif

ドレンボルト金属粉
ドレンボルトの磁石部分には、微細の金属粉image35.gifの様な物が付着していました。
パッキン金属粉
ドレンボルトを綺麗に清掃し、この際なので、パッキン、O-リングは新品と交換しました。
清掃済みドレンボルト
説明書にも載っているのですが、ドレンボルトにロックタイトスレットシーラント565を塗布し
lock565.jpg
19.0~40.7N・mのトルク値で締め付けます。
つづいて新しいミッションオイル1本を注入し、
gear-oil.jpg
ダービーカバーとフットペグを元通りに戻せばミッションオイルの交換は完了です。

最後に、前後ブレーキフルードの交換作業ですが・・・。
力尽きて作業中の写真は、全く撮影していませんので、割愛させていただきます。image29.gif
作業自体は、普通にバイクのブレーキフルード交換となんら変わりはありませんので・・・。
但し、
フルードカップDOT4
車輌に合ったブレーキフルードを使わないといけません。
XL1200XはフルードタンクキャップにDOT4と書いてあります。

私感ですが、古いブレーキフルードは、少し黄ばんでいたようでしが、おもいっきり劣化していた、って程ではありませんでした。
車検サイクルに合わせて交換すれば十分かなと思います。

久しぶりのブログ更新でしたが、作業中の写真や価格比較等の為に、Amazonアフィリエイトの情報を多用したので、疲れちゃいました。
私なりにエンジンオイル交換については、詳細に書いたつもりです。
スポーツスターの様な比較的小型のハーレーダビッドソンでも、自分でオイル交換しました等の情報ってあまり出てないのですよね・・・。
現行型に近いハーレーほど、メーカー保証の関係もあるので、オイル交換であってもディーラーで行ってもらう人の方が多いのでしょう・・・。

私のオイル交換の方法が正しいかどうかは判りませんが、だいたいこんな感じで交換出来ますよ、ってくらいの参考情報として閲覧して下さい。

スポーツスターの取扱い説明書は、意外と分厚くてimage24.gif2センチくらいの厚みがあります。image25.gif
また普通ならサービスマニュアルにしか載っていないような、ボルトを締めるときのトルクまで掲載されているので、ヤル気とトルクレンチ等の工具があれば、比較的正確に作業が出来るように思いました。
但し、自分で作業するかどうかは、メーカー保証との関係をよ~く考えてから行う方が良いでしょう。

以上、ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト の油脂類交換作業でした。image23.gif

リチウムイオンバッテリーの冬期始動性について

ねるきちサン、今年もよろしく~

リチウムイオンバッテリーの件ですが、
https://www.webike.net/campaign/2015/07/az_webike/
image88.gifこのページの「冬期の始動性について」を見てみて。
外気温が低くなるに従い、始動性能(電圧・クランキングパワー)は低下する症状が出ます。って書いてあるでしょ
まさにその通りで、キーオンにするとヘッドライト(常時点灯式なので)やメーター類の警告灯等は普通に点灯しますが、
セルボタンを直ぐに押と普通のバッテリー上がりの様な症状が出て、エンジンをかけることができません。image08.gif

バイクはシャッター付の車庫に仕舞ってあるけど、風がしのげる程度で車庫内の温度は、外気温と大差ありませんから、リチウムイオンバッテリーには過酷な環境なんでしょうね・・・image27.gif

キーオンにしてヘッドライト等を点灯させて、待つ事数分 image43.gif 今回は3分くらいは待ったかな~、この状態からセルボタンを押すと勢いよくセルが回って、エンジンをかけることが出来ました。

これがリチウムイオンバッテリーの欠点なんでしょうね・・・image61.gif
今回は車検用点検に合わせて、バッテリーを充電して前日に車体に戻して、バッテリーのヘタリは無いと分かっていたので、リチウムイオンバッテリーの活性を待てましたが、これがある日突然、この症状が出たらリチウムイオンバッテリー特有の症状だと思ってセルが回るまで暫し待てるのか・・・ってことですね。image55.gif

これがリチウムイオンバッテリーが劇的に流行らない原因のひとつでもあるのでしょうね

価格的にもまだまだ高価な部類ですし・・・

ホンダは、CBR1000RR Fireblade SP/SP2 に二輪車始動用リチウムイオンバッテリーを採用したようですが・・・、
おそらく次にバッテリーを交換するときは、普通のバッテリーにすると思います。image103.gif








バルトレックス(Valtrex)500mg


Harley-Davidson Forty-Eight ユーザー車検

Harley-Davidson XL1200X Forty-Eight にも(初回)車検の時期がやって参りました。
ハーレーディーラーからも車検のご案内ハガキが届きましたよ。 総額7万ン千円ですって・・・image51.gif

リターンライダーしてからは全車ユーザー車検で済ませてきたので、フォーティーエイトも同様にユーザー車検を受ける事にしました。
これまでのバイクと違うところは、バイクの年式が新しい為に排ガス検査があることくらいで、その他は違いありませんから・・・。
先ずは、自動車検査予約システム - 自動車技術総合機構のページからユーザー車検の予約を入れます。
1日~2日前でも予約が取れるので、週間天気予報を見ながら晴れそうな日に予約を取ります。

いつもなら自賠責保険を近くのバイク販売店で更新するのですが、今回はハーレーだし代替わりしてからはバイク店の愛想も悪くなってしまい姫路自動車検査登録事務所でも自賠責が更新出来るのでそうすることに・・・。

2月1日午前ラインに予約を取ったので、9時頃に家を出たのですが・・・、
やはり寒い冬の朝のことですから、リチウムイオンバッテリー特有の儀式を行わないとエンジンがかかりませんimage43.gif 
車検用整備の時に、ちゃんと再充電してしたのですが、寒さには弱いようですimage61.gif

キーオンでメーターや灯火類は正常に点灯するのですが、いざスタータースイッチを押すとバッテリー上がりの様な状態で、スターターが回りませんimage44.gif
傍目にはバッテリー上がりしちゃった奴にしか見えないと思います。image45.gif

キーオンの状態で3分ほど待ってから、もう一度スタータースイッチを押すと・・・、ぶるるン image37.gif と勢いよくエンジンがかかりました。

途中、姫路検査場の直ぐ側にあるテスター屋さんに寄って、光軸の調整をしてもらいます。
今回は全くヘッドライト周りは触っていないので、不要かなとも思ったのですが・・・。
案の定、ヘッドライトをコンコンと軽く叩いた程度で調整終了image48.gif
2017_02_01_500.jpg
500円を払いテスター屋さんをあとにします。

10時くらいに姫路自動車検査登録事務所に到着
2017_02_01_1.jpg
先ずは自賠責保険の更新手続をしないといけないので、暇そうにカウンターに座っているお姉さんに、自賠責の更新はどこ? と尋ねると、〇番の窓口へ行けと言われたので、〇番の窓口へ行き自賠責更新をお願いします。
24ヶ月で13,640円ですぅ~ と言われるままにお金を払い保険証券が印刷されるまで暫し待ちます。
〇〇さ~んとお呼びがかかるので、新しい自賠責とユーザー車検に必要な書類も一緒に渡してくれて、隣の窓口で重量税と印紙等を買ってねと案内されたので、そのまま横滑りで隣の窓口へ~
2017_02_01_3800.jpg
2017_02_01_1700.jpg
窓口のお姉さんに先ほど渡された車検書類を渡すと印紙を貼ってくれます。
あとは書類に車体番号や住所氏名等を書き込んで、ユーザー車検の受付窓口に書類を揃えて提出しOKならば、バイク本体を検査ラインへ持ち込みます。

今回は排ガス検査があるので、ちょっぴりドキドキしていたのですが、私の前にレッドバロンのお兄さんがハーレーをラインに並べていました。 しかもエンジンかけっぱなしで・・・。
やはり排ガス検査はエンジンが暖まっている方が良いのか? って事で、私もエンジンかけっぱなしでラインを通しました。

特に指摘を受けること無く無事終了~image04.gif
今回はスピードセンサーや灯火が1灯 or 2灯のボタンも検査官が押してくれましたよ。image11.gif

2017_02_01_2.jpg
検査標章が以前のと変わったみたいですね。 前のタイプの方が良かったのに・・・。image62.gif

今回のユーザー車検費用総額、19,640円でした。

この金額だけ見ると随分と安いと思われるでしょうけれど、点検整備はきちんと行わないといけませんよ~。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブログの更新率
更新日カレンダー
プロフィール

gomamex4

Author:ごまめ
日々の出来事や趣味のバイクの事をチマチマと綴っています。

月別アーカイブ
05  04  03  02  01  04  03  02  12  11  09  08  07  06  05  04  01  11  10  09  08  07  05  03  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
ブロとも申請フォーム
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。